静岡県湖西市に打ち上げられた『コマッコウ』Part2

自力で泳げなかった『コマッコウ』は、夜間をタンカの中で過ごしました。

もちろんスタッフが交代でずっと付いていました。

 

4月8日午後1時、再び自力遊泳に挑戦するため、タンカからおろして

ダイバーが付き添って泳ぎました。

 

 

昨日とは一転して尾ビレをよく動かしています。これなら大丈夫かもと思った

次の瞬間、血の気が引くような出来事が・・・

ダイバーから離れると猛ダッシュしてプールの壁に激突し、続いて水面の上に

飛び上がって照明にぶつかったのです。

 

もう一度タンカに乗せるべきか・・・

迷いつつ経過を観察していると、泳ぐスピードが遅くなって壁を認識して避ける

こともできるように。さらに動きは遅くなり、やがて水面に浮いてプールの隅で

あまり泳がなくなりました。

コマッコウは自然界でも水面で浮いて静止している行動がよく観察されています。

動きが少ないのは心配ですが、コマッコウの本来の行動なのかもしれません。

とにかく溺れる心配はなさそうです。

 

 

あとは餌を食べさせたいところですが、タンカに乗っている間は餌を見せても

口を開けませんでした。

はじめは強制的に口を開けて餌を入れなければ食べないと思われます。

 

この日は落ち着かせるため、強制給餌はせずにそのまま様子をみることに・・・

つづく  (Y.M.)

2013年4月11日 12:34

カレンダー

<<  2020年11月  >>
SMTWTFS
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

投稿一覧をカレンダーで表示