今年もしばし、ペリカン引越しです

毎年この季節、多くの冬鳥たちが飛来し、歓迎されない病気が運ばれてくることがあります。

 

正面ゲート横“ペリカン池”には普段、水鳥たちの姿はありませんが、夕方になるとどこからともなくカモなどの野鳥が飛来します。

 

そのためビーチランドでは、鳥インフルエンザの感染予防のため、モモイロペリカンたちは冬季期間のみ、屋内施設に移動しています。 

 

 

 体の細部や足裏など、普段見ることの少ない部位を、担当者と獣医がチェックします。 

 

 

 不思議な形をしたペリカンの水かきとツメ。体の大きなペリカンを水陸両用にしています。 

 

 

そして、一羽ずつ担当者が抱きかかえての移動です。強力なクチバシは要注意!

 

 

 

 暫く、ペリカンたちとはお別れですが、どうぞご了承下さい。(K.K.)

2011年12月29日 08:43

カレンダー

<<  2020年10月  >>
SMTWTFS
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

投稿一覧をカレンダーで表示