チリのフンボルトペンギン繁殖状況(2)

チリ中部の自然保護区“イスロテパッハロニーニョ島”では、フンボルトペンギンの孵
化が始まりました。
 

 

しかし、残念なことに多くの巣では降雨による浸水で親鳥が抱卵を諦めています。

 

見捨てられた卵たちは他の生き物に持ち去られ無駄にはなっていないようですが、写
真でわかるようにネズミにでもかじられたかのような食痕を見ると、何とかペンギン
を守りたいなぁと思います。(T.K.) 

2012年6月13日 08:24

カレンダー

<<  2021年06月  >>
SMTWTFS
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

投稿一覧をカレンダーで表示