ウミガメの計測をしました

ビーチランドで飼育しているウミガメ全頭は半年に一度、10月と4月に甲らのサイズを計測しています。

これは、飼育下でのウミガメたちの成長スピードを把握するために必要なことです。

また、計測する時にじっくりと体を観察することができるため、健康管理にも役立ちます。

 

ウミガメは小さな頃ほど成長が早く、大きくなるにつれて成長スピードは遅くなります。

今回の計測でも、若いウミガメほど、前回の測定時のサイズとの差が大きくでました。

 

そんな成長の度合いを測るためには、ウミガメそれぞれを識別しなくてはなりません。

ベテランの飼育員なら見た目でわかるようですが・・・わたしはまだまだ及びません(>△<)

 

そんな時に頼りになるのが“インナータグ”とよばれる体内標識です。

ビーチランドで飼育しているウミガメには全て、マイクロチップがヒレに埋め込まれています。

このチップには個体番号が記録されており、専用の器具で読みとることができます(写真:下)。また、外部に付ける標識と違って半永久的に使用でき、海に放流された後の調査・研究にも役立てられます。

 

次の計測は、来年の春!

どんどん大きくなるんだよー☆(M.M.) 

 

 

 

2011年10月14日 08:30

カレンダー

<<  2020年11月  >>
SMTWTFS
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

投稿一覧をカレンダーで表示