2013年夏・知多半島のウミガメ事情〜奥田海岸編〜

ウミガメの産卵・孵化の時期が終わりに近づき、日本中のウミガメ担当者がほっと一息

つく時期となりました。

 

知多半島では今年2ヶ所の産卵を確認し、先日仔ガメが孵化しました

 

今回ご報告をするのはビーチランド隣りの“奥田海岸”です。

ビーチランドファンの方ならお気づきかもしれませんが、この海岸には毎年のように

アカウミガメが産卵しに来るんです。母ガメが好む何かがあるのかも知れませんね…。

 

 

第一発見者はなんと去年と同じ方!去年同様、犬の散歩の時に発見してくださった

そうです。約2ヶ月間、孵化するまで何も手を加えず無事に済めばいいのですが、

今回の場合は近くに街路灯があり、仔ガメが孵化した時に街路灯の光に引き寄せられる

のを防ぐため、海岸の別の場所へ卵を移植させました。

 

このまま海岸で孵化してくれれば良いのですが、そうそう上手くはいかないものです。

夏の風物詩“台風”の登場です。流されては全ての卵が死んでしまいますので

ビーチランドに一時避難しました。

 

結局、全ての卵が台風通過中に孵化してしまったので、地元の中学生に協力して頂き

奥田海岸から放流を行いました。今回は卵の数が少なく、50匹の放流となりましたが

一匹でも多くまた日本に戻ってきてくれると嬉しいですね。

 

次回は“蒲池海岸編”を掲載しますのでお楽しみに!                (K.I.)

2013年10月30日 09:00

カレンダー

<<  2020年12月  >>
SMTWTFS
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

投稿一覧をカレンダーで表示